FC2ブログ

『無頭騎士の亡霊』

Category短編小説集

私『朝昼は仕事をして、夜は制作の日々。いったいどこから貫徹するエネルギーがわいてくるんだ?私スゲェな』 

死神『エネルギーがわいてるんじゃなくて、おまえの命を削ったカスを燃やしてるだけだ。』

私『なーんだ』

死神『なんだ?それだけか?』

私『あんた邪魔』

死神『じゃ、邪魔だと?』

私『一回死にかけた私なんだから今さらって話だよ。あんた、あの時私を狩りに来ただろ。』

死神『いかにも。』

私『何故あの時、完全に仕留めなかったん?』

死神『おまえを持ち去ろうとしたとき、まだお前を呼ぶ者がおってな。』

私『へぇ。誰なんだろ』

死神『その者とはもう出会っておるぞ。奴はお前以上にふてぶてしい』

私『え、マジか。』

死神『あの時ワシが狩り損ねたお前を惜しんで、こうやって毎晩お前の首に鎌を構えている。』

私『首落とすつもりかよ。』

死神『なぁに、痛くはない。その者もワシに首を狩られた人間だった』

私『そいつ、誰?』

死神『奴は首なしの亡霊となり、世を彷徨う。』

私『自分の頭を探して?』

死神『そうだ。永遠にな』

私『どうしたらその呪いが解けるの?』

死神『ワシは肉体から魂を狩るのが仕事だ。狩られたあとの抜け殻については知らぬ。』

私『なんだか可哀想……』

死神『ひとつだけ、方法はある』

私『え?何??……ってか、あんた急に優しくね?』

死神『その者の肉体に、亡霊を帰してあげることだ。そのためにはまず失われた頭を探すことだな』

私『頭………いったい何処に』

死神『頭というのは何も肉体とは限らない。……これ以上は言えない』

私『は?意味わかんない。どういうこと?』

死神『いつかわかる。その時が来る。その亡霊と会ったときに、お前は答えを得るだろう。それまでお前を生かすことにした。………じゃあな。』

私『え?ちょっと!まだ話が……』

(完)

曲紹介


※この『無頭騎士の亡霊』は想像上の話で、ご本人の主旨を受けてしるしたものではありません。